電子フォームとワークフロー 体験しましょう。

「体験しましょう。」の基本的な手順は、「フォーム入力」→「ワークフロー」→「検索」→「印刷」となっています。
当社が用意しています「標準フォーム」と、お客様毎に用意しています「専用フォーム」での体験が可能です。
基本的な体験手順は同じですが、
(標準フォーム体験の方)と表記しているところは「標準フォーム」で体験されるお客様へ、
(専用フォーム体験の方)と表記しているところは「専用フォーム」で体験されるお客様への体験手順です。
※この体験サイトではシステム管理者向けの機能は表示されません。

 STEP 1   ログインします。

当社からのメールに記載されている体験用ユーザーIDとパスワードを入力後、
をクリックすると「STEP 2」の画面が表示されます。

・ユーザーごとにデータ操作の権限設定が可能です。
 STEP 2   メニューから入力するフォームを選択します。

 始める前に 
タブレット・スマホを使用されるとき、テンキーを表示すると便利です。
「個人設定」 をクリックして、「タブレットモード」または「スマホモード」を選び、
「数値の入力」等に「テンキー」を選んでください。
(標準フォーム体験の方)
「仮払申請書」をクリックすると「STEP 4」の画面が表示されます。
(専用フォーム体験の方)
お客様専用フォームを選んでみてください。
該当フォームをクリックすると「STEP 4」の画面が表示されます。

・メニューの分類、表示順はログインユーザーごとに任意に設定できます。
・テンキーでタブレットでも簡単な入力操作。
 STEP 3   フォームにデータを入力します。
※「標準フォーム」のサンプルです。
(標準フォーム体験の方)
自由に入力してください。
日付項目は 月/日 または 西暦年/月/日 と"/"で区切って入力してください。(例)10/31
または、をクリックしてカレンダーからの選択も可能です。
印鑑欄はクリックするとサンプルの印鑑が捺印されます。
「仮払金額」に複数の金額を入力後、をクリックすると(または[F9]キー)「仮払合計金額」が自動計算されます。
(専用フォーム体験の方)
お客様専用フォームです。自由に入力してください。
計算項目がある場合はをクリックすると(または[F9]キー)計算が実行されます。
をクリックするとフォームに付箋形式のコメントを貼り付けることが可能です。
貼り付けた付箋の右端カラー部分をドラッグ&ドロップすることでフォーム上の任意の位置へ移動できます。
『ご注意!』
入力されるデータは体験目的以外には使用しません。また、定期的に削除します。
しかし、入力されるデータ内容についてはお客様のプライバシーにご留意いただく様お願いいたします。

・入力フォームはお客様が自由に設計可能です。
・紙書類のレイアウトを100%ブラウザで再現します。
・入力インターフェースは色々なコントロールを用意しています。
・カレンダー表示で日付入力を補助します。
・データベースの参照で入力を容易にします。
・各種計算処理を実装していますので自動計算が可能です。
・紙と同様に捺印が可能です。同時に捺印日時の管理も行っています。
・入力値の範囲チェック、入力モレのチェックが可能です。
・項目にマウスを乗せることでヒントを表示できます。これはお客様で自由に指定できます。
 STEP 4   フォームの表示サイズを変更します。
※「標準フォーム」のサンプルです。
から任意の表示サイズを選択すると、フォームの表示サイズを変更出来ます。
次回は最後に選択した表示サイズが継続されます。ここでは表示に戻しておいてください。

・使用目的により、自由にフォームサイズを変更できます。
・表示サイズの選択肢は、お客様ごとに設定可能です。
 STEP 5   フォームにファイルを添付します。
「入力フォーム」画面でをクリックすると「添付ファイル登録」画面が表示されます。

お客様のローカルPC等に格納されている任意のファイルをフォームに添付することができます。
ここでは添付せずにをクリックして「入力フォーム」画面に戻ります。

・紙書類に参考書類をクリップするようにデータを添付できます。
 STEP 6   データを登録します。
「入力フォーム」画面でをクリックすると「登録確認」画面が表示されます。
※「標準フォーム」のサンプルです。
データ登録前の確認画面です。もし入力間違いがあればで「STEP 3」に戻ります。
・ワークフロー機能を体験される方は、をクリックすると「STEP 7」の画面が表示されます。
・ワークフロー機能の体験を省略される方は、をクリックし、「STEP 13」へ進んでください。

・登録されたデータはXML形式のデータです。
・XML形式データの特性により他システムとの連携が容易です。
・データを登録する。ワークフローに利用する。どちらにも対応します。
 STEP 7   ワークフローの申請経路を決定します。
※「標準フォーム」のサンプルです。
当社で事前に用意しました申請経路が「申請経路」欄に表示されています。上から下へと申請が届きます。
グループごとにフォームの申請経路を事前に設定可能です。
また、同じフォームに複数経路を設定し、申請時に選択することも可能です。
申請経路を作成・修正するには、をクリックします。
※「標準フォーム」のサンプルです。
申請経路の詳細設定画面では、「名前」を選択後で順序変更、
で「申請経路」に名前を追加、 で「申請経路」から名前を削除することができます。
ここでは、表示された申請経路でをクリックします。その後、「ホーム」画面が表示されます。

・ユーザーの所属ごとに標準申請経路を事前登録できます。通常の申請時はボタンクリック操作だけです。
・申請経路を一時的に変更したいときにも対応できます。
・体験サイトでは省略していますが、承認者へ電子メールで通知することも可能です。
・ワークフロー機能には、複数ユーザーへ申請する同報機能にも対応しています。
 STEP 8   申請中一覧を確認します。
「ホーム」画面でをクリックすると「申請中一覧」画面が表示されます。

「申請中一覧」画面はログインユーザーが申請後、未決裁データの一覧が表示されます。
ここでは、当社が事前に用意した申請データが表示されます。
をクリックすると次の「STEP 9」へ進みます。

・一覧の「表題」はフォームごとに任意の項目を設定できます。
 STEP 9   申請データのワークフロー経過を確認します。
※「標準フォーム」のサンプルです。
画面上部にワークフロー経路が上から順に表示されます。
をクリックし「ホーム」画面に戻ります。

・ワークフローの経過を確認する時もフォームの書式で表示されます。
 STEP 10   未承認一覧を確認します。
「ホーム」画面でをクリックすると「未承認一覧」画面が表示されます。

「未承認一覧」画面はログインユーザーに届いた申請データで未処理分が一覧表示されます。
ここでは、当社が事前にお客様宛に1件の申請データを送信しています。
をクリックすると「STEP 11」へ進みます。

・一覧の「表題」はフォームごとに任意の項目を設定できます。
 STEP 11   申請データに承認、決裁、却下の処理を行います。
※「標準フォーム」のサンプルです。
画面上部にワークフロー経路が上から順に表示されます。
お客様の名前の上に、当社からの申請担当者名が表示されています。
ここでは以下の判定を行うことができます。
「コメント」欄に承認処理のコメントを入力し、
をクリックすると、申請経路の途中なら承認して次の担当者へ送り、
 最終の承認者なら決裁とします。
をクリックすると、申請者へ却下または再申請請求、
 または直前の承認者へ却下または再申請請求として戻します。
どのボタンをクリックしてもらっても結構ですが、ここではをクリックし、「ホーム」画面に戻ります。
『注意!』
を実行された時は、 お客様の処理が終わった事になり「未承認一覧」画面から該当データが消えます。

・ワークフローの承認、決裁、差戻しの判定を行う時もフォームの書式で確認ができます。
 STEP 12   その他のワークフロー状況の確認。

「ホーム」画面では、以外に、
を選択できます。
は、申請後に却下または再申請請求されたか、申請後に自分で申請を取り戻したデータが一覧表示されます。
は、自分が承認後、未決裁で承認途中のデータが一覧表示されます。
は、申請または承認後、決裁されたデータが一覧表示されます。
 STEP 13   登録済みのデータを検索します。
「ホーム」画面でをクリックすると「検索条件」画面が表示されます。

先ずはをクリックしてください。
「検索一覧」画面に登録済みのデータ一覧が表示されます。
最新のデータから表示されますから、お客様が入力されたデータは先頭に表示されています。

をクリックし、「検索条件」画面に戻ります。
「検索条件」画面では、以下の手順で入力してください。
(標準フォーム体験の方)
1.「要素」で「仮払申請書」を選択してください。
2.「仮払申請書」を選択した右のコンボボックスから検索対象にする項目名称を選択してください。
3. 選択した項目名称の右側のテキストボックスに「STEP 3.フォームにデータを入力します。」で登録済の検索値を入力してください。
(例えば、「担当者名」に"鈴木一朗"と入力された場合は、"鈴木"と入力してください。)
4. 検索値の右側のコンボボックスから検索条件を選択してください。
(上記の場合、「で始まる」を選択してください。)
5. をクリックしてください。
(専用フォーム体験の方)
1.「要素」で「お客様専用フォーム」を選択してください。
2.「お客様専用フォーム」を選択した右のコンボボックスから検索対象にする項目名称を選択してください。
3. 選択した項目名称の右側のテキストボックスに「STEP 3.フォームにデータを入力します。」で登録済の検索値を入力してください。
4. 検索値の右側のコンボボックスから検索条件を選択してください。
5. をクリックしてください。
検索条件が一致すれば「検索結果」画面にお客様が入力されたデータが表示されます。

・すべての登録済みデータから、すべての項目を対象に検索が可能です。
・検索の絞り込み条件も各種用意しています。
・お客様が登録されたフォームは自動的に検索対象項目に表示されます。
・データ操作の権限管理を行えます。(表示・修正・削除・印刷権限)
・一覧の「表題」はフォームごとに任意の項目を設定できます。
 STEP 14   検索後のデータを確認します。
「検索結果」画面の一覧に表示されているデータの横にあるをクリックすると
「検索確認」画面が表示されます。
※「標準フォーム」のサンプルです。
ここでは次の機能を利用することが可能です。
・データを修正する。
・表示しているデータを元に新しいデータを参照作成する。
・データを削除する。
・データの修正履歴を見る。
・データのワークフロー履歴を見る。
・添付ファイルを見る。
・データを印刷する。(PDFファイルを出力)

・データの修正、参照作成、削除機能でデータの保守が簡単です。
・データの修正履歴でフォームのセキュリティー管理が可能です。
・データのワークフロー履歴で承認経過の把握を行えます。
・印刷は紙書類のレイアウトを100%再現します。
・印刷は白紙用紙にもプレ印刷用紙にも対応します。

 STEP 15   ログオフします。

をクリックし「STEP 16」へ進みます。

・セキュリティ管理のため、同じユーザーIDでの同時ログインを不可能にしています。
 STEP 16   「体験しましょう。」は、これで終わりです。

お疲れ様でした。いかがでしたか?
「体験しましょう。」では、基本的な機能をご紹介しています。

その他の機能として、
・データベース参照機能でマスタを参照してデータ入力。
・フォームに画像を貼り付ける機能。
・フォームに手書きサイン機能。
・申請データが届くと電子メールへ通知するなどのワークフロー状況を電子メールへ通知する機能。
・ワークフローの通知メールの受信先をPC・スマホ等へ随時変更する機能。
・お客様が構築されているデータベースをフォーム入力時に参照する機能。
・任意形式のCSVデータを出力する機能。
・CSVデータを取り込む機能。
等を用意しております。

ご意見、お問合せ、ご質問等は こちらから よろしくお願いいたします。